EN | JP

世界遺産・仁和寺

タイプ

世界遺産

宗派

真言

面積

850 m2

アクセス

↓ 地図

利用人数

1 - 5 人

動画

↓ 再生

資料

↓ PDF



世界遺産で過ごす一夜


– 仁和寺へようこそ –

888年宇多天皇によって開創された仁和寺は、天皇の御入室以後1000年の間、明治の純仁法親王まで、皇子、皇孫が仁和寺の門跡(住職)を務められました。このことにより仁和寺は、御室御所と呼ばれるようになり、門跡寺院の筆頭格として現代まで法灯を守り続けられております。

皇族が歴代門跡に就任することによって、歴史上の人物、朝廷、文化人と緊密な関係を築き上げており、特に平安時代の頃には、貴族、また当代の有名歌人が集い、度々和歌会が開催されるなど、仁和寺文化と言われるまでの一大サロンが形成されておりました。『徒然草』や『平家物語』などにも仁和寺は度々登場致します。

皇室と繋がりの深い仁和寺に伝わる特別な空間を貸し切り、その悠久の歴史と深遠な文化に触れて頂ける特別な一夜をお過ごし頂けます。

 

– 世界遺産での唯一無二な文化・宗教体験 –

非公開の金堂、五重塔、経蔵などを特別に開けて頂けます。五重塔の中に安置されている大日如来や、経蔵中に保管されている6323巻もの密教経典等など、日頃は一般公開されていない貴重なものを見せて頂ける、境内プライベートツアーを仁和寺の僧侶が行って下さいます。閉門後から翌朝の開門まで(17時-9時)は、世界遺産仁和寺を貸し切りして頂けます。独り占めされた世界遺産での過ごし方は、ご自由にお決め下さい。門跡が日中お時間を過ごされていた御殿にて、お食事、雅楽鑑賞や、仁和寺に伝わる御室流生け花など、ご希望のものを別途お手配致します。当時の門跡のように、電気のない月明りの下で、時空を超えた風情ある時間をお過ごしください。

また、真言宗御室派総本山でもある仁和寺にて宗教体験もして頂けます。京都御所より移築された国宝建築物、金堂での朝のお勤めにも、特別に参加して頂けます。この金堂は、現存最古の紫宸殿と言われています。

 

– 寺侍屋敷「松林庵」でのご宿泊 –

お泊り頂く松林庵は、仁和寺に仕えていた寺侍から寄贈された家屋がリフォームされました。「温故知新」をコンセプトとし、希少な構造梁など残せる物は残し、日本の古き良き風情が残る宿泊施設として再生されました。

松林庵には、仁和寺に伝わる天皇家にまつわる宝物が展示されており、家具や小物には日本の伝統工芸品が用いられております。

利用料の一部は文化財保護プログラムに活用し、このような日本文化の保護継承に役立てられます。

 

宿泊付き世界遺産貸し切りプラン内容 –
  • 閉門後の仁和寺を貸し切り
  • 僧侶による境内プライベートツアー
  • 非公開の金堂、経蔵、五重塔などの特別拝観
  • 御殿内のプライベート庭園散策
  • 天皇ゆかりのお茶室(遼廓亭、飛濤亭)を特別使用
  • 宸殿を独り占め
  • 松林庵でのご宿泊
  • 朝勤行へ特別参加

 

– 特別文化体験(一例・相談要)-
  • 宸殿で頂く精進料理
  • 奈良時代から伝わる雅楽鑑賞
  • 高上な着物を纏う文化体験(正絹小紋、正絹訪問、特撰)
  • 仁和寺に伝わる御室流生け花体験
  • 江戸時代の天皇ご愛用茶室での茶道体験
  • 真言密教に伝わる護摩修法

- 仁和寺・特別貸し切り体験 -

oak-pass-house-walker-workshop-38








【お問合せ・ご予約】

深遠な日本文化とそのライフスタイルを体験できる唯一無二なご滞在にご興味がございましたら、こちらのお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。